京都観光&ハイキング

北野天満宮 きたのてんまんぐう

北野天満宮は947年に学問の神様・神菅道真を祭り創建され、早春の梅苑には約1500本の梅が咲きます。

北野天満宮は悲運な最後をとげた神菅道真の霊を慰めるため、947年(天暦元年)に祭り創建、現在の社殿は豊臣秀頼が造営したものです。 彫刻が施された三光門や本殿などは日光東照宮の手本となったそうです。 参道には牛の像があります。

鳥居
楼門
楼門
三光門
三光門
拝殿
拝殿

早春の梅苑には約1500本あるという梅が咲きます。
白梅
三光門と白梅




 京都の寺社