夏の終わりの鎌倉・サルスベリが咲く小町大路から材木座へ

8月中旬から下旬にかけての鎌倉・小町大路から材木座海岸へ散策します。若宮大路の西に位置するのが観光で賑わう小町通り、小町大路は東側の道で、日蓮宗の寺院が並びます。

鎌倉駅からすぐの本覚寺へ。日蓮の遺骨を身延山から持ち帰った弟子が、分骨堂に納めたことから東身延とも呼ばれています。

本覚寺
本覚寺

客殿や鐘楼の前などに、赤く燃えるサルスベリの大木があります。

サルスベリ
サルスベリ

八角形の夷堂には、鎌倉江の島七福神の夷神が祀られ、商売繁盛や縁結びのご利益があります。

夷堂
夷堂

本覚寺から鶴岡八幡宮へ向かって、小町大路を歩いていくと妙隆寺です。

妙隆寺
妙隆寺

本堂前には、紅白のフヨウと真っ赤なサルスベリが咲きます。

フヨウとサルスベリ
フヨウとサルスベリ

フヨウの中に、鎌倉江の島七福神の寿老人の像があります。

芙蓉と寿老人
芙蓉と寿老人

材木座へ向かう途中、日蓮の弟子が建てた本興寺にも、サルスベリの大樹があります。

本興寺
本興寺

来迎寺は、源頼朝が三浦大介義明の菩提寺として1194年(建久5年)に建立。三浦義明の家来の墓である五輪塔群があります。

来迎寺
来迎寺

子育て観音とサルスベリ。

来迎寺
来迎寺

鎌倉幕府の滅亡後に、新田義貞が北条氏の戦死者を供養するために建立。ソテツがあります。

九品寺
九品寺

材木座海岸手前の補陀洛寺にも立派なサルスベリがあります。源頼朝の祈願所として建立されました。

補陀洛寺
補陀洛寺

建長寺、円覚寺、遊行寺と並ぶ、湘南四大寺の一つで、裏山から材木座海岸や富士山が見えます。

光明寺
光明寺

鎌倉 観光&ハイキング
鎌倉のハイキングコースや観光コースを紹介しているホームページです。