京都の紅葉・南禅寺から哲学の道(安楽寺・法然院・真如堂)へ

明治23年に竣工されたレンガ造りの水路閣などを見ながら南禅寺を散策した後、若王子神社から銀閣寺までの、琵琶湖疏水に沿った約2kmの哲学の道を歩きます。紅葉の時期に特別拝観が行われる安楽寺や法然院、少し外れた真如堂は三重塔と紅葉が美しいです。

南禅寺・三門
南禅寺・三門




 

南禅寺の境内に入ると、1628年(寛永5年)再建された三門が出迎えてくれます。高さ22mという巨大な三門をくぐると、境内が紅葉に包まれています。
三門
三門

三門に上がると楼上からは京都市街が望め、石川五右衛門の「絶景かな」の台詞で知られます。
三門と紅葉
三門と紅葉

法堂の奥には、水路閣や南禅院、金地院などが建っています。
法堂と紅葉
法堂と紅葉

水路閣は、明治23年に竣工されたレンガ造り、アーチ構造の水路橋で、琵琶湖疏水の支流が流れています。
水路閣
水路閣

南禅寺を出て、紅葉の名所である永観堂をすぎると哲学の道に入ります。
哲学の道
哲学の道

2kmほどの琵琶湖疏水に沿った道で、桜や紅葉が美しいです。哲学の道沿いには、安楽寺や法然院、銀閣寺などが建っています。
哲学の道
哲学の道

哲学の道の途中に、真如堂への道標があり、寄り道するのもよいです。真如堂へは10分ほどです。
道標
道標

うなづき阿弥陀を本尊に祀る天台宗の古刹です。真如堂では、三重塔と紅葉のコントラストが素晴らしいです。
真如堂
真如堂

哲学の道から近い、霊鑑寺、安楽寺、法然院では、紅葉の時期に特別拝観が行われます。
霊鑑寺
霊鑑寺

後鳥羽上皇の怒りにふれて死罪になった、住蓮と安楽の2人の僧を弔うために建てられた寺です。
安楽寺
安楽寺

法然ゆかりの名刹です。茅葺きの山門が建ちます。
法然院
法然院

銀閣寺道をすぎると、哲学の道の終点です。振り返ると、大文字山が見えます。
大文字山
大文字山







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です